2022/01/12

古い金型を残す「意味」

国内のものづくりは、ここ30年で、政治・経済の都合により、海外移転・流出が進みました。

そのため、我が国の機械生産加工は、ずいぶん衰退しました。

需要がなければ、その産業に携わる人が減っていくのは必然、合理的だとおっしゃる方もいます。

 

しかし、金型、プレス加工は一朝一夕で出来るものではありません。

産業機械が発達して、過去の経験がなくても、高精度の部品を作れるようになりました。

しかし実際には、加工した部品ひとつひとつに、さらに工夫をこらし、金型は組まれています。

このことを、大半の方はご存じありません。一品一葉、同じものは2つと出来ません。

それが、品質の差です。

 

事業内容にも紹介している、「古い金型、既存金型の移管・請負」

工夫された金型を生産する担い手がいなくなる時代ですが、金型は残る可能性がある。

先に申し上げたように、金型の工夫は、再現/作り直しが大変なのです。

私達は、もし金型が使える状態にあるならば、その金型を活かしておくべきと考えます。

実業は、ソフトウェア開発のように、高速で開発が進むものばかりではありません。

しかし、技術が途切れたら、そこでおしまいなことは一緒です。

 

金型と、金型技術を未来へつなぐ。

当社の取り組みは始まったばかりです。

 

代表取締役 篠原 謙介